トップページ > ICY TIPs
 

Mini ITXシステムを小型商業、ホームサーバ、ゲームやマルチメディアセンターでの有効活用

きければ大きいほど良いというのが今までの観念です。しかし、パソコン業界ではコンパクトサイズの商品が主流となってきました。近々発表するApple MAC Pro とValve’s Steam Machine Prototypesの最新商品もその傾向となり、空間節約とオフィス環境の協調効果に基いて設計を行っています。特にMini ITX PCs歯大幅にサイズをコンパクト化し、空き空間の有効活用を改善しています。

 

   多くのメーカー例えばCooler Masterがユーザー様の需要を満たすため、様々のMini ITXケースを開発しました。基本的にMini ITXケースのシステム機能が一般サイズのパソコンと変わりません。例えば、CM Elite 130というケースは全サイズの電源ユニットとNvidia’s GTX Titanみたいなグラフィックカードを搭載可能です。最新のITXマザーボードはほとんどタイプのCPUに対応しており、LGA1150 HaswellのCPUならマックス16GBのDDR3メモリをサポートできます。

Mini ITXシステムのメリットが多数,応用事例は下記の通り:

  空間節約:例えば限られる空間にとっては非常に役に立つ設計となります。小さいオフィスや寮とかパソコンが必要な所にMini ITXの応用が最適です。

 携帯性:Mini ITXシステムは小型のワークステーションとして活用できますし、携帯便利です。CADシステムなど実行できないノートパソコンの変わりに応用することも可能なので性能と携帯性に妥協する必要がありません。
 魅力:mini ITXシステムの魅力が抜群。友達の家やマルチメディアセンターなどの所でも注目されます。

  自分に合うMini ITXシステムを選ぶのが一つ複雑な任務です。少し大きめのMini ITXケースは多く3.5インチと5.25インチ空間を設けていますが、Mini-ITX最大の特徴がなくなってしまいます。一つ良いケースを選ぶにはユーザー様の用途に合う前提に基いて製品本体のサイズと内部使用可能の空間を考えなければなりません。ICYDOCK製品はいつも高品質、高信頼性と使用便利性の製品開発に挑戦し続けています。目標としてMini ITXの有限空間でICYDOCKモバイルラック製品の柔軟応用を証明します。


市販のMini ITXケース

Apex MI-008Cooler Master Elite 120Cooler Master Elite 130Lian Li PC-Q08BBitFenix ProdigyLian Li PC-Q25BFractal Design Node 304Cooler Master N200 & In Win BP671.200BL

 
切なケースを選ぶ
各メーカーの色々なケース製品の調査しましたが,Cooler Master Elite 130はコンパクトサイズのケースでありながら内部空間が十分利用可能の頑丈製品という結論に至りました。製品のサイズは9.4 x 8.1 x 14.9となります。このMiniケースはコンパクトサイズですが、大きいサイズの電源と最大のグラフィックカードを搭載することが可能です。また、内部に1 x 5.25”ベイ空間から3 x 3.5”デバイス空間、4 x 2.5”デバイス空間も設けています。しかし、これら空間が共用となり,2.5インチデバイスを多く搭載したらなら5.25インチベイの空間がなくなってしまうのが弱点です。ここで我々ICYDOCK製品が活用すればこの問題を解決できます。Cooler Master社は協力的にCooler Master Elite130ケースと下記関連資料を提供してくれました(関連サイ
 
 
これらのケースは今後の紹介資料にてご紹介する可能性があります,ご期待!
 
サーバ構築の良い選択
 
サーバのデータ処理とバックアップに速度と容量を求めますので多くのハードディスク搭載する必要があります。ICYDOCK MB996SP-6SB製品を搭載すればmini ITXケースの5.25インチベイに6台SSDs/HDDsを搭載することが可能となります。必要があれば,RAID5或いはRAID6の設定でパフォマンスとストレージ空間を改善することも可能です。Cooler Master Elite 130の5.25インチベイ空間に6 x 2.5インチのデバイスを搭載したら一つ特徴製品となります。

下記の装置は5.25インチベイに応用可能:
MB996SP-6SB – RAID 5或いはRAID 6設定にお勧め(搭載マザーボードに十分なSATAコネクタがあるかどうかをご確認し,足りない場合はPCI-E拡張カードで対応)。需要と予算に従って,ほとんどのSSDサーバ或いはHDDサーバに応用可能です。MB996SP-6SB搭載後,Cooler Master Elite 130ケースにまだ2 x 3.5” ベイ 又は3 x 2.5”ベイの空間が残っています。さらにMB996SP-6SB + 2 x EZ-Fitブラケット製品という組み合わせにすれば11TBのSSD,または16.5TBのHDDを搭載可能です。この容量はMini ITXケースにとっては驚きの容量になります。
>
SSD最大容量:マックス6TB(6 x 1TB SSD)
>
HDD最大容量:マックス9TB (6 x 1.5TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:7 – 9.5mm
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP
 
MB994SP-4S – SAS HDD/SSD或いは2TB WDハードディスク搭載サーバを構築するならMB994SP-4S製品はこれらの要望に満たせます。MB994SP-4S製品をケースに搭載すれば、15mm高さまでのSAS/SATAデバイスを4本搭載可能です。また、マザーボードとコントローラが対応するならRAID設定での使用も可能となります。
>
SSD最大容量:マックス4TB (4 x 1TB SSD)
>
HDD最大容量:マックス8TB (4 x 2TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:7 – 15mm
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP
MB994IPO-3SB – スリムタイプ光学ドライブと2.5インチデバイスが両方搭載可能のはMB994IPO-3SB製品の特色になります。未だに光学ドライブを活用したいシステムに必要となり,RAID0やRAID1で搭載の2本2.5インチデバイスを活用することも可能です。
>
SSD最大容量:マックス2TB (2 x 1TB SSD)
>
HDD最大容量:マックス4TB (2 x 2TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:7 – 15mm
>
対応DVD光学ドライブ:スリムタイプDVDドライブ
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP

ルチメディアユーザーための設計

 

  HTPCs(ホームシアタサーバ)はホームシアタシステムの設置にとってはとても良い装置です。自分の好みに従ってパーツを選び、オリジナルのカスタマイズ設備を構築することができます。もし、Mini ITXケースのHTPCを構築するなら、需要に満たせるパーツの選択がとても重要になります。例えばホットスワップ機能対応の2.5インチと3.5インチHDD/SSD搭載可能なマルチモジュールとか、2.5インチHDD/SSDとブルーレイドライブなどの光学ドライブが同時搭載可能なモジュールラック製品が必要になります。下記製品にてHTPCシステムの応用をご紹介します。

 

MB971SP-B – 迅速に2.5インチと3.5インチハードディスクのホットスワップ交換を行える製品です。MB971SP-B は内蔵のデバイス拡張コネクタのように機能し、少ない空間と電力を使ってSATA6Gbpsの転送レートを提供しています。最大の特徴として2.5インチと3.5インチのデバイスに両方対応しています。また、EZ-Fitブラケット製品を使えばさらに搭載2.5インチデバイスの本数を増やすことが可能になります。

>
2.5インチHDD最大容量:マックス2TB (1 x 2TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:9.5 – 15mm
>
3.5インチHDD最大容量:マックス4TB (1 x 4TB HDD)
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP
 
MB994IPO-3SB –この製品はMini ITX規格ケースをHTPCシステムでの応用に最適な選択方案になります。HD高画質動画用の保存デバイスが2本搭載可能と同時に,スリムタイプのブルーレイドライブも搭載可能です。例えばケース本体の中では2 本 4TB 3.5” ハードディスクで動画を保存する他にMB994IPO-3SBをフロントに搭載すればブルーレイドライブも搭載できて、2.5インチホットスワップドライブ空間が二つ増えます。この二つのドライブ空間の活用方法が様々です。例えばマザーボードのRAID機能を利用して稼動システムや写真など大事なデータをRAID1で守り他に、拡張のデータ保存領域として活用する方法もあります。
>
SSD最大容量:マックス2TB (2 x 1TB SSD)
>
HDD最大容量:マックス4TB (2 x 2TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:7 – 15mm
>
対応光学ドライブ:スリムタイプ
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP
MB343SP+MB992SK-B又はその他3.5インチ装置  -- 3.5インチマルチカードリーダーや3.5インチ音声設備はマルチメディアシステムに欠かせないです。例えばCooler Master Elite 130みたいケース製品に5.25インチベイ空間が一つしかないため、3.5インチベイ対応の変換ブラケット製品が必要になります。MMB343SP製品はこのような用途に最適です。MB343SP製品を搭載すれば5インチベイ空間に3.5インチ装置が簡単に搭載し、余分に2 x 2.5” HDD/SSDの搭載スペースが増えますので限られた空間を有効に活用することができます。
>
対応3.5インチデバイス:1 x 3.5” デバイス /  1 x 3.5” ハードドライブ
>
2.5インチ最大容量:マックス3TB (2 x 1.5TB HDD)
>
対応2.5インチデバイス高さ:7 – 9.5mm
>
オプションパーツ- 内蔵3.5”サイズ専用: EZ-Fit デュアルベイ 2.5”から3.5”サイズ変換ブラケット- EZ-Fit Pro MB082SP

ゲーマーための設計

 
マーは高性能と小型のパソコンシステムを望んでいます。コアゲーマーにとってはゲームのダウンロード時間待ちがとても辛いです。ゲーマー連中が楽しんでいる時自分がまだ準備できていないのがイライラ気持ちとなってしまいます。最近、速度速いSSD製品がゲームマシンの主要装置として搭載する応用が増えてきました。しかし、一つSSDの容量が限られるため使用本数が増える一方です。また、Mini ITXケース内部の空間が限られるため、組み込んだ後になかなかデバイスの増加と移設が難しいです。ですので、内部空間の有効活用とフロントスペースの組み合わせがとても重要になります。
 
MB343SP ( 3.5インチHDD 或いは 3.5インチ装置 + 2 x SSD/HDD 搭載対応)  – ゲーマーユーザーはシステムの最大性能を引き出すため、よく使用パーツ(e.g. CPU, GPU,メモリなど…)のオーバークロック性能を試しています。この使用方法はパフォマンス上昇と同時にパーツの稼動温度も上がります。温度上昇によるトラブル問題を避けるためシステム環境中のエアフローを改善しなければなりません。一般的に採用する方法として3.5インチの風速コントローラを搭載する方法があります。MB343SP製品は一つ5.25インチベイスペースに3.5インチの風速コントローラ又は3.5インチのハードディスクを搭載しても、2x2.5インチSSD/HDDの搭載スペースが残っています。さらにマザーボードのRAID機能を利用すれば2本のSSD製品でシステムパフォマンスを改善することが可能です。また、RAID1設定でデータ保護の役割も果せることができます。
 ICYDOCK製品でシステムを構築すれば多く可能性が生まれます。例えば光学ドライブと2.5インチドライブの同時搭載の場合はMB994IPO-3SBで対応し、3.5インチと2.5インチデバイス同時搭載の場合はMB971SP-B製品で満たせます。また、マルチユーザーが希望するサーバやゲームPCなどのシステム構築にMB994SP-4SやMB996SP-6SB製品がきっといい選択になります。
 
back