トップページ > マーケティング情報 > News > 【製品レビュー】MB840M2P-B M.2 SSD搭載用アダプタ
 
日付 テーマ
2022-07-28 【製品レビュー】MB840M2P-B M.2 SSD搭載用アダプタ
ICY DOCK ToughArmor MB840M2P-B
M.2 SSD搭載用アダプタ レビュー
 By Will Taillac  December 4, 2020
ToughArmor MB840M2P-B を ASUS AMD EPYC NVIDIA GPU 2Uサーバーに搭載
 
今日は、PCIe x4スロットを背面アクセス可能なスロットに変換してNVMe M.2 SSDを搭載するICY DOCK ToughArmor MB840M2P-Bをご紹介します。本製品は全てのエンドユーザーにとって魅力を感じることではございませんが具体的な問題を解決するポイントソリューション製品となります。製品メリットを活かせるため本製品の実際動作を理解する必要がありますので私たちのレビューでは、テストした内容について詳しくご案内します。
 
ICY DOCK ToughArmor MB840M2P-Bの概要
 
MB840M2P-Bは、基本的な機能を揃える非常にシンプルなデバイスです。カード自体はロープロファイルのPCIe x4カードです。このロープロファイル設計を採用することで、このレビューの後半で説明するように、多くのサーバーで使用できるようになります。ICY DOCKには、2本の固定ネジですばやく交換できるフルハイトブラケットとロープロファイルブラケットの両方が含まれています。
 
ICY DOCK MB840M2P-B 製品前面
 
MB840M2P-Bはほとんどが金属製で、2230(30mm)から22110(110mm)までの任意のサイズのM.2 NVMe SSDを搭載可能のためのスライド式構造を備えています。カードエッジにPCIe x4コネクタを備え、これらのトレースをキャディトラックの端にある水平に取り付けられたM.2スロットとなり、その他のオンボードコンポーネントは、ドライブアクティビティLEDと外部アクティビティLEDのヘッダーです。
ICY DOCK MB840M2P-Bトレイ分解
 
トレイも頑丈な金属製のデザインで、完全にツールレスです。選択したSSDはトレイにぴったり収まります。その後、金属製の保持クリップを所定の位置にスライドさせてから、カバーを取り付けます。
 
ICY DOCK MB840M2P-Bトレイにドライブを装着
 
ドライブが挿入され、しっかりと固定されると、トレイをPCIeカードの背面にスライドし、ほとんどのホットスワップハードドライブ保持システムと同様に、ラッチで所定の位置にロックされます。これがオープンフレームシャーシのユニットで、突き出たときにどのように見えるかをより明確に確認できます。
 
ICY DOCK MB840M2P-BをPCIeバスに装着
 
ドライブが挿入されると、MB840M2P-Bの作業はほとんど完了し、他のM.2からPCIeスロットへのアダプターと基本的に同じように動作します。
 
ICY DOCK MB840M2P-Bにドライブを挿入
 
この周りにサーバーを置いて、これがフルハイトブラケットを備えた大きな4Uサーバーのユニットです。
 
ICY DOCK MB840M2P-Bをサーバーにインストール
 
ドまた、今週初めにレビューしたASUS ESC4000A-E10 2U AMDEPYCGPUサーバーにユニットをインストールしました。そのサーバーには、サーバーアプリケーション用に特別に設計された4x NVIDIA Quadro RTX 6000カードがあります。 また、64コアのAMD EPYC 7742 CPUと256GBのRAM、および4x 3.84TB Samsung PM1733 U.2 NVMe SSDを搭載しています。
 
ToughArmor MB840M2P-B を ASUS AMD EPYC NVIDIA GPU 2Uサーバー2に装着
 
サーバー自体には、ファンパーティションに近い単一のM.2スロットがあります。 GPUのために2番目のM.2 SSDが必要な場合は、サーバー内のスペースが限られています。ロープロファイルスロットは2つしかなく、1つはSupermicro AOC-S100GC-i2C 100GbE Intel 800シリーズNICで使用されているため、M.2カードを追加するためのスペースが1つあります。
 
MB840M2P-Bを ASUS AMD EPYC NVIDIA GPU Compute 2Uサーバー1に装着
 
ToughArmor MB840M2P-Bを使用すると、2つ目のM.2 SSDを取り付けることができるだけでなく、シャーシを開かなくても使用できるようになりました。マザーボードM.2 SSDは、シャーシの内側とエアフローガイドの下にあります。つまり、マザーボードに到達するには分解が必要です。繰り返しになりますが、高速NICまたはAIC PCIe Gen4 SSDにこのPCIe Gen4 x16ロープロファイルスロットを使用する場合もありますが、フロントベイをデータドライブに使用できるようにしておき、サービス可能なブートデバイスも必要な場合は、このICYDOCKソリューションそのニーズに適合します。
 
次に、ユニットをテストしたときに見つけたものについて説明します。
 
ホットスワップのサポート?
 
MB840M2P-Bは、ホットスワップ/ホットプラグ機能をサポートしていないようです。代わりに、ドライバーを必要とせず、シャーシを開かずに、SSDをPCIe/M.2スロットに接続するための便利な機構を提供します。そのためには、システムの電源を切る必要があります。ホットスワップ機能はメインのMB840M2P-B製品ページには記載されていませんが、ホットプラグ機能はFAQページに記載されています。当然、私たちは自分たちでテストして見つけなければなりませんでした。
 
テストベンチを別のドライブから起動し、NVMe SSDを本体にインストールしてテストデータをロードした状態で、ドライブを本体から取り外しました。
 
ICY DOCK MB840M2P-Bホットスワップ
 
Windowsのイベント情報をみると、ハードウェアの再スキャンが実行されるまで大部分がフリーズしましたが、システムはクラッシュしませんでした。これは私にとって少し驚きでした。 その後、ドライブが再挿入されました。ドライブが取り外されたときとは異なり、システムはドライブが再び接続されたことに反応せず、FAQで提案されているようにハードウェアの再スキャンを実行したときに表示されませんでした。
 
再起動すると、ドライブはオンラインに戻りました。ここではコンテキストが重要です。 M.2仕様およびM.2ドライブは、ホットスワップのサポートを念頭に置いて設計されていないため、これは予想される動作です。私たちはまだテストして確認したかったのです。
 
仕様とPCIe4.0のサポート?
 
ICY DOCKは、ToughArmor MB840M2P-Bの製品スペックシートを提供しています:
 
ICY DOCK MB840M2P-Bの仕様
 
公式には、ToughArmor MB840M2P-BはPCIe 3.0 x4互換としてリストされています。私は本質的に興味があるので、もちろんすぐにPCIe 4.0 SSDが機能するかどうかを知りたいと思いました。
 
ICY DOCK MB840M2P-B CDI In Dock
 
ご覧のとおり、PCIe 4.0デバイスは動作し、PCIe 4.0の速度で自動的にリンクします。 ICY DOCKを使用していたときは、PCIe 4.0 NVMe SSDと完全に互換性がありました。 Tom’s Hardwareもこのドライブを確認し、PCIe 4.0を動作させるのに問題が発生したため(「ホットスワップ」と表示されますが、その機能のテストについては言及されていません)、明らかにマイレージは異なる場合があります。 PCIe 4.0の速度での動作に問題がある場合は、通常、NVMe SSDとCPU/チップセットがPCIe 3.0のリンク速度をネゴシエートします。
 
パフォーマンス
 
ICY DOCK ToughArmor MB840M2P-Bは、ほとんどの場合、重要なロジックが搭載されていない物理インターフェイスコンバーターとして機能しているため、実際のパフォーマンスに影響を与えることはないと思われますが、それをテストしたかったのです。本体に取り付けられたドライブを使用してパフォーマンステストの小さなサブセットを実行し、M.2 SSDテストに使用するASUSX570-P PrimeのM2_2スロットに取り付けられた同じドライブと比較しました。
ICY DOCK MB840M2P-Bパフォーマンスの比較
 
結果からわかるように、ICY DOCK ToughArmor MB840M2P-Bは、ドライブをドックに取り付けた場合と、テストベンチのM2_2スロットに直接取り付けた場合のパフォーマンスの違いはごくわずかでした。上記の結果は、PCIe 4.0の速度で動作するドライブでの結果ですが、PCIe 3.0デバイスがドックを介してフルスピードで動作することも確認できます。
 
最後の言葉
 
ICY DOCK ToughArmor MB840M2P-Bは、比較的シンプルな製品であり、優れたビルド品質を備えており、箱に記載されているとおりに機能します。 NVMe M.2 SSDをすばやく挿入および削除する機能が非常に役立つ可能性があるいくつかのシナリオを想定できます。たとえば、今日のサーバーでは一般的に簡単に保守できないサーバーまたはアプライアンスのブートドライブまたはキャッシュドライブなどです。
 
MB840M2P B In ASUS AMD EPYC NVIDIA GPU Compute 2U Server 2
 
もう1つのオプションは、製品本体を備えた2つのシステム間でデータをシャトルするための高速リムーバブルストレージです。たとえば、TBのデータを町全体に移動する必要があるが、ネットワーク経由で移動できない場合は、このToughArmor製品を使用して、SneakerNetの効率を大幅に向上させることができます。それらの良い例は、フィールドセンサーアグリゲーターから機械学習/ AIデータセットを移動し、それらを取り込みノードに転送する場合です。もう1つは、データのコピーを転送して編集者やエフェクトアーティストに送信する必要があるビデオグラファー向けです。再起動の時間コストは、ネイティブPCIe 3.0/4.0転送の速度で簡単に回収できます。
 
1つ確かなことは、MB840M2P-Bは非常に特殊なユースケースの製品です。全体として、MB840M2P-Bにより、M.2ドライブは、システムの内部からマザーボードまたは内部の拡張スロットに移動することなく、シャーシの外部からサービスを受けることができます。その機能があなたが探しているものであるならば、これはよく構築されたユニットです。
 
Reference:
https://www.servethehome.com/icy-dock-tougharmor-mb840m2p-b-m-2-ssd-rack-review/
 
>前のページに戻る