トップページ > マーケティング情報 > News > 【製品レビュー】マザーボードのSATA入力の横..
 
日付 テーマ
2022-08-25 【製品レビュー】マザーボードのSATA入力の横..

マザーボードのSATA入力の横にある
U.2 ポートでできること

 
           By James   January 8, 2021
 
 
新しいマザーボードを購入し、新しいシステムを構築する準備をしているときに、SATA 入力のすぐそばにこの U.2 接続があることに気付きました。さて、これを読んでいるあなたは、おそらくそれが何であるかを知らず、それを使って一体何ができるのだろうと思っているでしょう。
 
U.2 は、SATA、M.2 (PCIe NVMe) などのストレージ デバイス (ドライブ) と別のインターフェイス規格です。M.2 PCIe NVMe ドライブ (M.2 スロットに平行にスライドするメモリ スティックのように見えるドライブ) は、速度に関してはマックス約 500 ~ 600MB/秒のSATA ドライブと比べたら遥かに超えています。M.2 PCIe NVMe を使用すると、最大約 3,000+ MB/秒 (現在) のドライブを見つけることができます。 ただし、U.2 は最大 4 つの PCI Express (PCIe) レーンと 2 つの SATA レーンを利用できるため、最大 32,000MB/秒の高速転送レートを提供することで、パフォーマンスを一段と高めています。   また、M.2 で使用できる 3.3 V と、3.3 V では不十分な場合に備えて 12 V を使用できるため、より多くの電力を使用できます。M.2 に対する U.2 のもう 1 つの大きな特徴として、SATA ドライブのようなケーブルを使用して、ボードから切り離して使用できます (余分な熱源がボードに直接かからないようにするため)。SATA とは異なり、U.2 ケーブルは電源とデータの両方を 1 本で伝送します (適切な U.2 ドライブまたはドライブ アダプター (後者については後で説明します) に接続している限り)。最後に、M.2 とは異なり、U.2 はホットスワップ可能です。
 
つまり、一般的な M.2 接続よりも高速で強力なデータ ストレージ ソリューションです。問題は、U.2 インターフェイスがデータ センターなどの企業使用のために開発されたことです。そうは言っても、スピードとパワーを備えたものはすべて、最終的には消費者向けモデルにも採用される可能性があり、U.2 接続はまさにそれを実現しました。ゲーマーやその他のパワーユーザー向けに設計されたマザーボードには、消費者もこの速度を活用できるようにインターフェイスが組み込まれています。GIGABYTE GA-Z270X-Ultra Gaming マザーボードのようなモデルは、それらの SATA 接続のすぐそばにあるボードに U.2 入力を備えており、それが今日の議論につながります。あなたはそれで何をしますか?
 
もちろん、それを必要とする/望む人のためのオプションの接続であるため、必要に応じて完全に無視することができます。ただし、それを使用する場合は、U.2 から SAS HD ドライブへのドライブ アダプター ケーブルが必要になります (ボードに付属していない場合)。悲しいことに、これらのボードのほとんどにはケーブルが付属しておらず、ケーブルは通常 20 ~ 30 ドル (現在) ほどかかります。SATA 接続と同様に、ドライブとマザーボードの間をケーブルでつなぐ必要があります。適切な U.2 ドライブ (または前述のドライブ アダプター) で実行している場合、ケーブルは電源とデータの両方を 1 本で伝送します。 そのため、他のケーブルを実行する必要はありません (電源からは何もいりません)。
 
 
ただし、これらのケーブルのほとんどはインライン SATA 接続も備えているため、基本的な SATA ドライブで使用できます。 そのように使用することを選択した場合は、通常の SSD と同じように電源から電力を供給する必要があります。ただし、通常の SATA ドライブで無駄にする必要はありません。U.2 ドライブがない場合は、これを M.2 NVMe ドライブに使用することをお勧めします。
 
ケーブルを入手したら、U.2 NVMe SSD に接続できます。リンクをクリックしたことがあるなら、おそらく安くはないことがわかるでしょう。これらは信じられないほど強力なドライブであり、最大 4 TB の容量 (またそれ以上) を備えています。この通りに行けば準備完了です。通常のドライブと同じように、ドライブをフォーマットまたはパーティション分割できます。
 
代替オプション – ドライブ アダプターを使用
してM.2 NVMe ドライブを使用する
 
U.2 NVMe の価格が好みではなく、U.2 入力/インターフェイスを備えた M.2 NVMe ドライブを使用したい場合、これは簡単に実現できます。これにより、他の PCIe レーンを占有することなくドライブを利用できるため、グラフィック カードやその他のアダプターなどの PCIe スロットを最大限に活用できます (ほとんどのボードでは、ボード上の M.2 スロットを使用する場合はスロットまたは組み込み M.2 スロットのオプションがあります)。 または、使用可能な M.2 スロットがすでに上限に達している場合は、M.2 NVMe ドライブを 1 つ追加するオプションがあります。
 
したがって、これを実現するには、M.2 NVMe ドライブを U.2 インターフェイスに変換するドライブ アダプターが必要です。
 
 
ICY DOCK EZConvert (MB705M2P-B) M.2 NVMe SSD から 2.5 インチ NVMe U.2 SSD アダプターを使用しています。 約 34 ドルから 37 ドルで、他の製品と比較するとかなりリーズナブルです。また、非常に使いやすいです。
 
 
アダプタを取り、ヒートシンク カバーの四隅をそれぞれ引き上げて、ヒートシンク カバーを外します。通常の 2.5 インチ ドライブのように、アダプタをドライブ ベイに固定する以外にネジは必要ありません。
 
M.2 ドライブの上部にはスライダーがあり、アダプター トレイの長さを M.2 ドライブの長さに合わせて上下にスライドできます。そこには小さな銀色の歯があり (上の画像でわかるように)、ドライブを取り付けるとロックされます。
 
 
次に、通常どおりドライブを M.2 スロットにスライドさせ、前述の金属の歯の下でロックされるまで端を押し下げます (ドライブを解放する必要がある場合は、金属の歯を後ろにスライドさせて、カードがポップアップします)。これで完了です。
 
上部 (ヒートシンク) をトレイに戻せば、接続の準備が整います。残念ながら、前述のケーブルはまだ必要です。したがって、これによりコストが少し上昇し、アダプターの価格がほぼ 2 倍になります。ただし、これにより、U.2 入力で任意の M.2 ドライブを使用できるようになります。トレイ/アダプターの背面には、U.2 ケーブルで動作する通常の U.2 ドライブ接続があります。
 
 
また、ヒートシンク部分をトレイに戻す前に、M.2 ドライブの上に貼るサーマル ステッカー/パッドも付属しています。これにより、熱がドライブからヒートシンク セクションに拡散し、熱放散とドライブのパフォーマンスが向上します。
 
 
そのため、システムで余分な M.2 ドライブを本当に利用する必要がある場合 (または、PCIe カードの下に隠れている可能性のある M.2 スロットにアクセスするために PCIe カードを取り外したくない場合) は、少し費やす必要があります。ありがたいことに、これによりU.2 インターフェイスがはるかに手頃な価格で入手可能です。 少なくとも、U.2 ドライブの価格が少し下がるまでは。
 
これまでのところ、ICY DOCK ソリューションはこれを実現するのに最適な選択肢であり、M.2 ドライブの速度の可能性を最大化するのに実際に役立つことがわかりました。/td>
 
マザーボードにU.2入力/インターフェイスがない場合
はどうなりますか? U.2 ドライブは引き続き使用できますか?
 
 
答えはイエスです!インターフェイスがない場合でも、システムに U.2 ドライブを取り付けることができます。それを実現するために M.2 スロットの 1 つを失うことになり、最大転送能力も失うことです (いずれにせよ、U.2 ドライブのどれもが現在 3,500MB/s をはるかに超えてサポートしているわけではありません) )。しかし、解決策は簡単で、必要なのは M.2 スロットから U.2 へのインターフェイス アダプターだけです。
 
Gigabyte や StarTech などの企業から多数のアダプタが提供されています。グラフィックカードや隣接するPCIeスロットの邪魔にならないようにするには、インターフェイスがより良い方向を向いているため、StarTechの方がより良いオプションです。これらのカードは通常 20 ドル未満で、非常に使いやすいです。カードをマザーボードの M.2 スロットに差し込むだけです。アダプターは U.2 インターフェイスを備えているため、必要なのはケーブルだけです (もちろん、別途購入する必要があります)。これで、以前は U.2 をサポートしていなかったシステムで U.2 ドライブを使用できるようになりました。
 
Reference:
https://www.pocnetwork.net/technology-news/what-you-can-do-with-that-u-2-port-on-your-motherboard-next-to-the-sata-inputs/
 
>前のページに戻る