トップページ > マーケティング情報 > News > 【製品レビュー】ToughArmor - MB852M2PO-B レビュー
 
日付 テーマ
2022-09-08 【製品レビュー】ToughArmor - MB852M2PO-B レビュー

ICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-B レビュー

 
           By Will Taillac   May 17, 2021
 
ICY DOCK MB852M2PO-B ドライブのイジェクト
 
本日ご紹介するのはICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-Bです。この製品は、使用していないスリムライン光学ドライブ ベイを、2 つのPCIe 4.0 NVMe M.2 SSD を収容できるフロントローディングスロットセットに変換し、OCuLink を介してホストシステムに接続します。 MB840M2P-B の以前のレビューと同じように、これはニッチな製品であり、読者の意見が二極化すると思われます。この製品の用途がすぐにわかる人もいれば、なぜそのようなデバイスが存在するのか疑問に思っている人もいます。私たちのレビューでは、ユニットを見て、それをテストしたときに見つけたものについて議論します。
 
ICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-B 概要
 
MB852M2PO-B は比較的シンプルな設計です。筐体の外形寸法は、スリムな光ディスク ドライブの寸法とマウントポイントを模倣しています。
 
ICY DOCK MB852M2PO-B
 
ICY DOCK MB852M2PO-B装着
 
MB852M2PO-B を取り付けると、MB840M2P-B と同じ設計の 2 つのドライブトレイ用のスペースが提供されます。トレイはほとんどが金属製で、2230 (30mm) から 22110 (110mm) までのサイズの M.2 NVMe SSD を保持するためのスライド式固定機構を備えています。
 
Icy Dock MB852M2PO-B トレイの分解
 
選択したSSDはトレイに簡単に収まります。その後、金属製の固定クリップを所定の位置にスライドさせてから、カバーを取り付けます。
 
ICY DOCK MB852M2PO-Bドライブ搭載
 
MB852M2PO-B では、各スロットに対応する OCuLink ポートがエンクロージャの背面にあります。また、動作に必要な SATA 電源コネクタも含まれています。
 
ICY DOCK MB852M2PO-B 後部
 
注意すべきことの 1 つは、リムバーブルケース自体には OCuLink ケーブルが含まれていないため、エンドユーザーが用意する必要があることです。
 
次に、ユニットをテストしたときにわかったことについて説明します。
 
ホットスワップ対応
 
MB840M2P-B と同様に、MB852M2PO-B のホットスワップ サポートは、プラットフォーム レベルでのホットスワップNVMe のサポートに依存します。例として、私のテスト ベンチはデスクトップ Ryzen システムであり、ホットスワップ/ホットプラグ機能をサポートしていません。 MB852M2PO-B は物理的にホットスワップをサポートしますが、ホットスワップを可能にする物理インターフェイスを提供するだけです。サポートを利用するには、システムにサポートが存在している必要があります:
 
ToughArmor MB852M2PO-Bスペック
 
ICY DOCK MB852M2PO-Bスペック
 
ToughArmor MB840M2P-B の改良版である MB852M2PO-B では、PCIe 4.0 がサポート対象として正式にリストされています。 MB840M2P-B をレビューしたとき、Gen4 サポートは問題ありませんでしたが、非公式でした。ご想像のとおり、MB852M2PO-B では PCIe 4.0 のサポートは問題ありませんでした。
 
ICY DOCK MB852M2PO B CrystalDiskInfo V2
 
ToughArmor MB852M2PO-B を OCuLink インターフェイスをネイティブに持たないシステムに接続するために、M.2-to-OCuLink アダプタと PCIe-to-OCuLink アダプタの両方をテストしました。これらは問題なく機能しましたが、このようなデバイスの優先順位は、サーバーに既にある OCuLink ポートを利用することです。アダプターを購入する必要がある場合は、ICY DOCK の FAQ ページで公式に互換性のあるデバイスのリストも提供されています。
 
パフォーマンス
 
ICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-B は、重要なロジックが搭載されていない物理インターフェイス コンバーターとして主に機能しているため、実際のパフォーマンスに影響を与えるとは考えられません。 PCIe 4.0 と 3.0 SSD の両方を使用していくつかのテストを実行しましたが、ToughArmor トレイに取り付けられたドライブとマザーボードの M2 スロットに直接取り付けられたドライブとの間にパフォーマンスの違いは見られませんでした。
 
最後の言葉
 
ICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-B はよくできたニッチな製品です。多くのレガシー サーバーには使用していない光学ドライブまたはドライブ ベイがフロントにあり、このようなものを使用すると、内部 SATA DOM などを使用するのではなく、起動目的で NVMe ドライブを簡単にフロントロードできます。
 
ICY DOCK MB852M2PO-B 反対側
 
多くの場合、サーバーには未使用の PCIe レーンまたは OCuLink ポートが内部にあり、ToughArmor MB852M2PO-B を使用すると、これらのレーンが空のままではなく、有用な機能を提供できます。システムの起動に使用しない場合でも、同じモデルのトレイに適合する ICY DOCK エンクロージャを備えた 2 つのシステム間でデータをやり取りするための高速リムーバブル ストレージとして別のオプションがあります。たとえば、TB 単位のデータを街中に移動する必要があるが、ネットワーク経由では移動できない場合、この ToughArmor 製品を使用して SneakerNet の効率を大幅に向上させることができます。それらの良い例は、機械学習/AI データ セットをフィールド センサー アグリゲーターから移動し、取り込みノードに転送する場合です。もう 1 つは、データのコピーを転送し、編集者やエフェクト アーティストに送信する必要があるビデオグラファー向けです。システムが NVMe ドライブのホットスワップまたはホットプラグをサポートしていない場合でも、再起動の時間コストは、ネイティブの PCIe 4.0 転送の速度で簡単に取り戻すことができます。
 
ICY DOCK MB852M2PO B External
 
最終的には、MB852M2PO-B の方が MB840M2P-B よりも全体的に少し理にかなっていると思います。 Amazon で 178 ドルの ICY DOCK ToughArmor MB852M2PO-B はやや高価ですが、サーバー管理者は自分のサーバーに既に存在する未使用のリソースをより有効に活用できるようになると思います。また、システムに基づいてケーブルと場合によってはアダプターを購入する必要性も考慮する必要があります。サーバーにOCuLinkポートと未使用または十分に活用されていないODDベイがある場合、MB852M2PO-Bはいくつかの非常に便利な追加機能を提供することができ、そのために私はこの製品を推奨しています。
 
Reference:
https://www.servethehome.com/icy-dock-tougharmor-mb852m2po-b-review/
 
>前のページに戻る