home > Industries & Solutions > 産業ソリューション事例 > 革新的な2.5 "および3.5"ドライブドッキングステーシ
産業ソリューション事例
革新的な2.5 "および3.5"ドライブドッキングステーシ
 
データセンターの満杯のハードドライブを定期的に交換する場合でも、SSDをより高速で大容量のフラッシュドライブの代替品として外出先で使用する場合でも、ハードドライブとSSDをすばやく簡単に交換する機能が求められています。大規模なデータセンターは、1日あたり数百テラバイトのデータを処理し、ドライブがいっぱいになったときにドライブを交換する必要があります。さらに、ITプロフェッショナルは、データの移行とバックアップのためにハードドライブとSSDを追加および削除します。迅速に交換するドライブが常に必要であるにもかかわらず、ほとんどのドライブエンクロージャーでは、ドライブを追加または交換するためにトレイ、ネジ、およびツールを使用する必要があります。このプロセスは、ドライブごとに数分かかる場合があります。この長いプロセスは、特に1日に何度も行われている場合に、貴重な時間が無駄になってしまいます。
 
ドライブドッキングステーションの概要
 
ICY DOCKは、データストレージデバイスの管理に多くの時間が費やされているかを認識し、ネジ、ツール、トレイを必要とせずに、ドライブを数分ではなく数秒で追加または交換できる一連のドッキングステーションエンクロージャを開発しました。
 
  従来のドライブトレイエンクロージャー  
a.ドライブトレイにハードドライブをインストールするには:
 

b. ドライブトレイからハードドライブを取り外すには:
 
  ICY DOCKのドライブドッキングステーション  
a. ドライブのインストール: b. ドライブの取外し:
 
ハードドライブまたはSSDを従来のトレイタイプのエンクロージャにインストールするのは、長いプロセスになる可能性があります。適切なツールとネジを見つけたら、技術者はドライブをトレイに取り付け、4つのネジをそれぞれ手動でねじ込んでから、ドライブトレイをエンクロージャに最終的に取り付ける必要があります。このプロセスには、ドライブごとに最大3分かかる場合があります。逆に、ICY DOCKドッキングステーションエンクロージャーでは、ベアドライブをエンクロージャーに押し込むだけで、数秒で作業できるようになり、作業者の貴重な時間を節約できます。
 
効率的だけでなく、大事なデータを保護
 
  ツールレスおよびトレイレスドライブの設置  

 
  防振設計  
 
 
保存したデータは貴重な資産であり、大事に保護する必要があります。 ICY DOCKドッキングステーションエンクロージャーを使用すると、インテリジェントに設計されたドライブ締め付め機構がドライブをしっかりとつかみ、ネジなしで所定位置にロックします。このようなロック機構で、データの損失につながる可能性のある振動、衝突、落下からデバイスを保護しますので重要なポイントになります。
 
すべてのアプリケーションのソリューション
 
ICY DOCKは、データストレージエンクロージャの汎用性の重要性を認識し、ホームユーザー、エンタープライズ、サーバー、データセンターのユーザー、およびITプロフェッショナルのニーズに合わせて、ドッキングステーションラインをさまざまなデバイスで利用できるようにしました。
 

5.25"ベイSSD/HDDドッキングステーションエンクロージャー
MB795SP-B
1 x 3.5" HDD
1 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜9.5mm)
MB971SPO-B
1 x 3.5" HDD
1 x ウルトラスリムODD
 
MB524SP-B
4 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜9.5mm)
 
 

3.5"ベイSSD/HDDドッキングステーションエンクロージャー
MB521SP-B
1 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜15mm)
MB522SP-B
2 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜9.5mm)
 

CD/DVDオプティカルベイSSD/HDDドッキングステーションエンクロージャー
MB511SPO-B
1 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜9.5mm)
スリムODDベイ
MB511SPO-1B
1 x 2.5" HDD/SSD
(高さ5〜7mm)
にウルトラスリムODD
ベイ
 
 
結論
 
ICY DOCKのドライブドッキングステーションは、トレイ、ネジ、またはツールの必要性を排除することにより、データストレージのニーズを管理する際の貴重な時間を節約します。今日のICYDOCKのドライブドッキングステーションを使用して、データストレージ管理を合理化するための第一歩を踏み出しましょう。