トップページ > マーケティング情報 > News > 【製品レビュー】flexiDOCK - MB522SP-Bをレビュー
 
日付 テーマ
2022-12-05 【製品レビュー】flexiDOCK - MB522SP-Bをレビュー

「ICY DOCK MB522SP-B」をレビュー
BC1用ストレージベイにおすすめ

 
           By Wisteriear   Oct 01, 2020
 
 
3.5インチストレージ互換で2.5インチストレージ×2を内臓可能なリムーバブルストレージケース「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」をレビューします。完全ツールレスで2.5インチSSDを着脱できるので、ベンチテーブル「STREACOM BC1」と組み合わせると非常に捗ります。
 
 
製品公式ページ:https://www.icydock.com/japan/goods.php?id=210
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」の製品パッケージは茶箱に黒色で製品名やイラストが描かれた簡素なものになっています。付属品はマニュアル、保証書、固定用ミリネジのみ。
 
 
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」の外観はサンプルイメージの通り黒一色、スチール製の筐体に細かい凹凸でザラツキのある塗装が施されています。放熱のためエアベントも設けられています。
 
 
前方には2基の2.5インチストレージスロットがあり、製品仕様通り上下正しい向きにすると、左側にストレージ排出ボタンがあります。
 
 
背面にはSATA電源端子が1基と、SATA通信端子が2基が実装されています。。2つのストレージで個別にSATA電源端子が必要なストレージケースも多いので、1つにまとまっているところは地味にグッド。
 
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」は3.5インチストレージ互換なので、サイズもそうですが、ネジ穴も底面と側面に互換のものが設けられています。
 
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」はインナートレイ等は不要、そのまま2.5インチストレージをスロットインするだけでOKです。
 
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」は一般的な7mm厚の2.5インチストレージだけでなく、最大で9.5mm厚までの2.5インチストレージに対応しています。
 
 
対応する厚さに幅のある2.5インチストレージ対応ケース・ベイの類は、内部のSATA端子と位置を合わせるためにインナートレイを要求するものが多く、インナートレイがない製品では上手く接触しないといった場合もあるのですが、「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」では、2.5インチストレージを底面方向に押さえつける「Adjustable Drive Height Flap」や、側面ネジ穴に一致する「Guiding Pegs」といった構造によって、位置の微調整を気にせずストレージを挿入できます。
 
 
「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」にストレージを挿入すると、右側のストレージ排出ボタンが突出するので、ストレージを取り出すときはこのボタンを押し込むだけでOKという非常にシンプルな構造です。
 
 
冒頭でも書いたように「ICY DOCK flexiDOCK MB522SP-B」は、ベンチテーブル「STREACOM BC1」に非常にオススメ、というか管理人はBC1で使うために購入しました。SATA通信/電源ケーブルを挿抜することなくSSDだけを交換できるので、これまで手前でプラプラしていて邪魔だったケーブルから解放されました。
 
 
 
以上、簡単にですが、「ICY DOCK MB522SP-B」のレビューでした。
 
 
記事が参考になったと思ったら、ツイートの共有(リツイートやいいね)をお願いします。
 
Reference:
自作とゲームと趣味の日々 - https://jisakuhibi.jp/archives/1078079125.html
 
>前のページに戻る